腸内環境を良くしてくれる強い味方

乳酸菌と言うと、ヨーグルトなどを思い浮かべてしまうのですが、日本には昔から納豆や味噌、漬物などの発酵食品が沢山あります。

植物性乳酸菌と呼ばれるものです。ヨーグルトや乳酸菌ドリンクも普段から摂り入れていますが、和食を食べる時には、味噌汁、納豆、漬物は食べることが多いです。

他にもキムチもたまに食べることがあります。納豆や漬物はそのままで食べることが多いのですが、キムチは豚肉と一緒に焼いたり、卵に混ぜて焼いたりしています。

ヨーグルトは朝食にそのまま食べたり、フルーツやシリアルと食べることもありますが、パンケーキを焼く前に生地にヨーグルトを混ぜて焼くこともあり、ヨーグルト風味のパンケーキで美味しく味わえます。

忙しい朝には、ヨーグルト、牛乳、はちみつ、バナナをミキサーに一緒に入れ、混ぜて飲んだりすることもあります。子供にも飲みやすく大変好評です。

最近は、乳酸菌のサプリメントもあると聞いたことがあるのですが、なるべく食品から摂りたいと思っているので試したことはありません。
私の場合、昔から体質的に便秘になりやすく、お腹が張っていたりするので、その場合は飲むヨーグルトが飲みやすいので助かっています。

腸内環境を良くすることで、アンチエイジングにも繋がると聞いたことがあるので、今後も積極的に摂り入れて行きたい食品の一つです。